top of page

建物設備
コンサルティング

テーマ:コスト適正化

今後も上がり続けるビル・マンション・施設の修繕費

一方、空室などにより年々下がっていく修繕積立金

安全面・費用面での負担は残された住民の皆さんに降りかかります。

そうなる前に、コスト適正化を図り、あなたの資産を守りましょう。​

家族の時間

Q. 「コスト適正化」って何?

不動産オーナー様・管理組合様など施主様の修繕・管理における過大なコストを排除し、

適正価格で修繕・管理を行うことで、不動産の運営や不動産価値の向上を支援することです。

Q. 「百撰堂」は何をするの?

施主様や管理会社様からのご相談窓口となり、工事内容に合わせ工事業者を差配し、適正価格で工事が出来るようご提案します。

 

具体的には、工事業者との連携の基、お打合せ・現場調査・見積り準備・工事概要の説明・工期調整・工事立会い・工事報告を行います。

 

施主様の中には、既存業者から修繕提案を受けているが、時期とコストの判断が付けらず迷っているケースも多いです。

 

本当に「今」やるべき内容なのか? 本当にこの「コスト」が妥当なのか?

 

そのような時にも、「セカンドオピニオン」として頼っていただければと思います。

コスト削減と言っても安かろう悪かろうでは任せられない

弊社では、工事種別ごとに取引している工事業者がございます。

いずれも弊社以外で、大手管理会社・ゼネコン・設計会社・大手企業などから毎年ご依頼を受け、工事を行っている会社です。

Q. 何で「百撰堂」が必要なの?

  直接工事業者に頼めば良いのでは?

弊社で工事種別ごとに工事内容に合わせ工事業者を差配しております。

また、弊社で取引をしている工事業者は、職人を内製化していたり、社長や取締役が弊社窓口となっているので、適正価格での提案が可能で、且つスムーズな連携が取れます。

 

直接工事業者に頼めば良いのでは?とお考えの際は是非一度ご自身で探してみてください。

探してみると、弊社の強みに気が付いていただけると思います。

Q. どんな時に相談すればよい?

建物・設備における「コスト」について、現状で何か引っかかることがあれば一度ご相談ください。

 

今の見積り金額は妥当?/今やるべき内容?/前の工事業者が会社を閉めてしまい相談先が無い/

既存の取引業者では対応できない/何から手を付ければ良いか分からない/etc

主なご相談内容

電気工事

・LED照明

・電子ブレーカー

・その他各種低圧電力工事

 など

 (高圧も応相談)

水道工事

・給排水管更新

・受水槽更新

・高圧洗浄

 など

​外壁・防水工事

・大規模修繕

・防水

・外壁塗装

 など

 (足場の必要な工事も対応可能)

リフォーム・リノベーション

・トイレ・キッチン・浴室などの部分改装

・クロス・床の貼替

 

☆設計・デザインから行うフルリノベーションまで応相談

雨漏り調査

雨漏り箇所の特定にコミットした調査

 

☆雨漏り原因個所の特定が出来なかった

 場合は費用請求ナシ

定期点検

・エレベーター

​・機械式駐車場

お気軽にご相談ください。

無料相談

A / 建物診断(無料)

建物は劣化するもの。

しかし修繕計画通りに劣化するとは限りません。

今の状態を調べ、事故を未然に防ぎ、資産価値を高めましょう。

B / 修繕コスト適正化(1割削減保証)

配管更新・大規模修繕について、適切な費用でご提案できる工事業者を選定し、お客様の手元資金を増やすことで運用をご支援します。
 

*1割削減保証は1000万円以上の修繕見積りが対象です

例1:排水管更新(団地)

 他社見積り:約9,000万円

 紹介工事会社見積り:約5,000万円

 差額:約4,000万円

例2:排水管更新(マンション)

 管理会社見積り:約3,500万円

 紹介工事会社見積り:約1,500万円

 差額:約2,000万円

相談・現場調査・見積りはいずれも無料です。
お気軽にお問合せください。

bottom of page